ビジネス

自分ブランディング戦略で差別化する3ステップ|ビジネスを軌道にのせる

悩める起業家
悩める起業家
副業でビジネスを始めました。
もっと集客できたら、会社を退職して本業にしたいけど、
なかなか差別化ができず、お客さんが集まりません。

この状況を抜け出したいのですが、どうすればいいですか?

「差別化したい!」と悩む人は多いですが、「なかなかうまくいかない」という人は
もしかしたら『差別化』の意味を履き違えているかもしれません。

『差別化』とは、他と差をつけることではなく、自分ブランドを極めることです。

この記事では、本当の意味での『差別化』を理解して、自分のブランドを確立する方法を解説していきます。

自分らしいブランディングで、ビジネスを軌道にのせていきましょう。

 この記事はこんな人におすすめ

差別化ってどうすればいいの?と悩む人

ビジネスを軌道にのせたい人

もっと好きな仕事を獲得したいフリーランサー

低単価の仕事ばかりでツライ

 

ビジネスを軌道にのせるために、
自分ブランディングで差別化する方法

自分のビジネスを軌道に乗せるまでの方法を、
段階を追って解説していきます。

本記事では差別化できるブランディングについて学んでいきます。

差別化ブランディングへの理解が深まったら、実際にどうやって実践していくかというところも別の記事で解説していきます。

ビジネスを軌道にのせるステップバイステップ

自分ブランディングで差別化戦略3ステップ◀︎本記事はこちら

戦略的ポジショニングでアイデンティティを確立する方法

個人ブランドの認知を広げる方法【基礎編】

この3つの方法をひとつずつ取り組んでいけば、『差別化』は自然とあとからついてきます。

3つの方法を正しく実践していくために、本記事では自分ブランディングの差別化について3つのステップを踏んで解説していきます。

まずはブランディングについての全体像を把握しておきましょう。

自分ブランディングの全体像

自分ブランディングとは、自分のブランドの価値を確立していくことです。

『差別化』の本当の意味

差別化とは、その言葉通り、「他と差をつけること」と捉えている人が多いですが、そうではありません。

「他と差をつけること」と捉えている人は、
「なにか他には無いオリジナリティを作らなければ!」
「他より秀でているところを作らなければ!」という視点で考えがちで、
これでは早い段階で挫折しやすいです。

自分のことを理解する前から、他と比べることばかりを先におこなっていては自信をなくしてしまうからです。

『差別化』は自分自身を極めることに他なりません。

要するに、自分の価値を高めて、どう伝えるかが肝になってきます。

それが結果的に、『あなたらしさ』へとつながり、選ばれるブランドになるわけです。

自分らしさを極めるには

では、自分らしさとはなんなのでしょうか?

お客さんにとっての選択肢は星の数ほどあるという状況です。

その中で選んでもらうためには、特別な理由が必要になります。

「特別な理由?それを作るのが難しいんだけど><」

と、思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
特別な理由とは、特別なことである必要なありません。

あなたであることがすでに特別だからです。

つまり、「あなたであるということ」をあなたが選ばれる理由にするということです。

機能的価値と情緒的価値

ブランドには、機能的価値情緒的価値の2種類の価値があります。

機能的価値とは、その名の通り「機能面、性能面での価値」のことを指し、
個人のビジネスやサービスにおいては、メニューの充実さやスペック、スキル、資格、経歴、費用対効果などがこれにあたります。

数値化できたり、客観的に見て証明できる価値ですね。

情緒的価値とは、受け手が商品やサービスを利用して「どんな気持ちになるか」という心理的な側面のことです。

「かわいい」「かっこいい」「ウキウキする」「誇らしい」など、受け手による主観的なものであり、数値化することはできません。

何より、受け手側によって受け取る価値が変わってくるということです。

情緒的価値を高める

ブランドの価値を高めるためには情緒的価値を高めることが最重要課題となってきます。

なぜなら、機能的価値は一定数の数値が「あって当たり前」だからです。

機能的価値だけで他より秀でようとしても、限界があるわけです。

仮に、機能的価値で他と差をつけられたとしても、すぐに他に真似されてしまえば、差別化につなげるのは難しいと思います。

その点、情緒的価値は「あなたであること」そのものを価値にするわけですから、真似しようがない差別化になるというわけです。

機能的価値は備えていて当たり前。

情緒的価値の部分で「あなたであること」を理由に選ばれること自分ブランディングを確立し、差別化するということに他なりません。

ブランディングの全体像はなんとなーくわかりました。
では具体的には、何をすればいいですか?
ブランディングの全体像がなんとなーくわかったら、もうすでに差別化について半分以上理解できています^ω^

では、本記事の本題、差別化するための3ステップを順番に見ていきましょう

自分らしさと向き合い、「自分であること」を極める

「自分であること」を理由に選ばれるブランドになるためには、
自分らしさと向き合うことが必要です。

自分らしさとは、特別なことを考える必要はありません。

誰しもある、なぜビジネスをしようと思ったか、ということや、そう思うに至ったまでの経緯を言語化していけばいいだけです。

差別化するために自分を極める3ステップ

ブランドコンセプトを整理する

自分のストーリーを振り返る

自分のキャラクターを生かす

自分のブランドコンセプトを整理する

まずは、自分のブランドコンセプトを整理し、言語化していきましょう。

誰に提供するか(ターゲット)

何を提供するか(商品・サービス)

どうやって提供するか(手段)

自分の商品・サービスを提供することで、相手にどうなって欲しいか(理想の結果)

価値のあるビジネスとは、

お客様の悩みをどれだけ解決できたか。
お客様をどれだけ幸せにできたか。

というところにあります。

どんなお客様を、どうやって、どういう風に幸せにしたいか(悩みを解決したいか)というところとじっくり向き合っていきましょう。

できれば、ひとつひとつをできる限りくわしく言語化しください。

コンセプト作りの最大の目的は、ブランドの方向性を決定していくことです。

ぼんやりしたコンセプトのままだと、人の共感を呼びにくく、他のブランドとの違いも見て取れなくなってしまいます。

ひとつひとつを詳しく設定していくためには、「なぜ?」というところを掘り下げるようにしていきます。

「なぜ?」を掘り下げる

なぜ、その人(ターゲット)に提供したいのか。

なぜ、それ(商品・サービス)を提供したいのか。

なぜ、その方法で(手段)提供したいのか。

なぜ、相手に商品・サービスを提供することで、その結果(理想の結果)になって欲しいのか。

自分のストーリーを振り返る

ブランドコンセプトを言語化することができたら、
自分がなぜそういう想いをいだくようになったか振り返ってみましょう。

人はストーリーに共感します。

ストーリーを語ることで共感を呼び、「あなたであること」そのものを価値を高める根幹になる部分です。

ていねいに整理して組み立てていきましょう。

 ストーリーの考え方

1.まずは、経緯を時系列にすべて書き出す。箇条書きでもOK。

2.現在→過去→未来の順番にならべかえる。

3.共感ポイントを作る(具体性、感情)

「あなたであること」そのものを価値を高めるストーリーとは、
共感されるストーリーのことです。

そのままの経緯を書き出すだけでは、共感性が低く、自己満足で終わってしまい、人の心を動かせません。

あなたのストーリーや想いを、いちばん伝わりやすい形にして、共感できるポイントを作ってあげることが大事なんです。

現在→過去→未来にならべかえる

現在 あなたはどんな方法でどんなビジネスをしているか。

過去 なぜ、現在のビジネスに至ったか。これまでの経緯など。

未来 過去の経緯をふまえた自分の想い、これからの展望など

こうしてストーリーに起こしてみると、改めて、あなたの人となりが見えると思いませんか?^^

ここからさらに共感ポイントを肉付けしていきます。

共感ポイントは、「過去」のパートに入れていきます。

お客様となる人は、過去のあなたであることが多いのです。

実際にビジネスをしようと思った理由は、自分の経験の中で感じたことがきっかけになっていますよね。

自分で経験してきたからこそ、過去に自分が悩んでいた同じことで、現在悩んでいるお客様の共感を得られるというわけです。

「過去」のパートに肉付けする共感ポイント

実際に自分が、過去に悩んでいたことや感じたこと。

自分が過去に苦労したこと。その経験で何を得て、何を感じたか。

今までのお客様とのストーリーもあればなお良し。

ここまで書ければ、「あなたであること」そのものを価値を高めるストーリーはひとまず完成です。

このフォーマット通りに書かれたストーリーがこちらです。
具体例私のプロフィール

ストーリーはこのように、ウェブサイトのプロフィールに書いたり、記事に起こしていきましょう。

ブログやSNSに訪問されるお客様の目にとまるところに、いつでも見られる状態にしておくことが大事です。

今後、ビジネスがステップアップしたり、方向性が少し変わっていくたびに、その都度、修正していきましょう。

自分のキャラクターを生かして発信する

自分のキャラクターを生かすというのは、自分の人間的な魅力をどうやって演出していくかということです。

魅力を演出するというのは、自分を作るというわけではありませんよ。

自分がどんな風に見られたいか、自分の見せ方を意図的に設定していくということです。

「あなたであること」そのものを理由に選んでもらうためには、あなたのキャラクターそのものが、お客様に選んでもらうための重要なポイントになるわけです。

キャラクターを演出するポイント

あなたの価値観、座右の銘など
▶︎同じ価値観のお客様に共感してもらえる

商品の制作秘話やバックストーリー
▶︎情景が目に浮かび共感してもらえる

ビジネスや商品・サービスに対する想い
▶︎情熱やこだわりに共感してもらえる

これまでのステップ考えた、コンセプト・ストーリーにかぶるところがあると思います。

価値観、コンセプト、ストーリーをひっくるめてあなたのキャラクターになるということです。

あなたのキャラクターは、魅力的に演出するためのステップを押さえることで、ブランドの付加価値になっていきます。

魅力的に演出するポイント

価値観、コンセプト、ストーリーを通して一貫性があること。

キャラクターを見える化するために、SNSやブログの発信に乗せていくこと。

無理のあるキャラクター設定はしない。自分の才能や適性を生かすこと。

人が共感する価値観・ストーリー・コンセプトには、一貫性があります。

一貫性のないものに対して、人は魅力を感じにくい傾向にあります。
ブレが無いよう、一貫性のある設定にすることで、共感したお客様に魅力を感じていただけます。

そして、その価値観・ストーリー・コンセプトは、お客様に届かなければ意味がありません。

SNSやブログで積極的に情報発信していくことで、キャラクターを見える化していきます。

情報発信しない限り、あなたのキャラクターは認識してもらえません。

最後に、本来の自分とかけ離れたキャラクター設定をしないこと。

人ぞれぞれの才能や適性に即した魅力というものがあります。

本来の自分の中にない魅力を演出しようとしてもそれは人の心に響くような形にはならないでしょう。

自分の才能(適性)の見つけ方について【女性起業】自分の適正に合った起業の仕方を見つけるポイント3つでも詳しく解説しているので参考にしてください。

あなたがSNSやブログで何を発信していくかがそのままキャラクターになります。

どんなお客様に来ていただくかは、キャラクター設定によって左右されるので、
演出のポイントを押さえて、自分の見せ方をプロデュースしていきましょう。

おすすめ著書

▼自分を見つめ直して、自分だからこそのブランディングをしていく方法をスッテプバイステップでしっかり解説してくれる本です。

カウンセラーやコーチなど、成果物を納品する形態ではなく、自分自身を商品としていく起業を考える方におすすめ。

 

まとめ

ブランディングとは

自分らしい価値を極めること

機能的価値はあって当たり前。情緒的価値を高めること

でしたね。

その具体的なアプローチとして、

ブランドコンセプトを整理する

自分のストーリーを振り返る

自分のキャラクターを生かす

の3ステップを行なっていきます。

コンセプト、ストーリー、キャラクターには一貫性を持たせるようにしましょう。

差別化とは、自分ブランドの価値を高めてることであとから自然とついてきます。

他の同業他社やライバルを意識して比べる前に、まずは自分の価値を極めることから考えてみてください。

自分自身と向き合うことで、自分のブランドの根幹となる本質的な部分が見えてくると思います。

 

イラストレーター / デザイナー
にしむら ゆり
2018年にウェディングペーパーアイテムのブランド「A Sunny Day」を立ち上げて未経験からいきなりフリーランスに。 A Sunny Day を軌道にのせたノウハウでブランディングのおてつだいをします。 カワイイデザインがすきな方におすすめ。 未来を設定し目標達成する脳科学講座のJr.認定講師。
\ Follow me /