納入実績

マタニティ系アロマサロンオーナーさんの名刺が出来上がるまで

マタニティでも通えるアロマサロン、アロマタニティの経営を始められるという女性の名刺を制作させていただきました。

名刺を制作する上でのこだわりを含めてご紹介をさせていただきます^^

ヒアリング

名刺のヒアリング

まずは、どんな名刺が作りたいかということで、ヒアリングをさせていただきました。

名刺を作りたいとのことで、事業内容やどんな思いでお仕事をしているか、というところから伺わせていただきます。

その上で、ご希望を伺いつつ、ご提案も交えながらどんな名刺にしていくかを詳しく決めていきます。

今回のクライアント様とのヒアリング結果がこちら

ナチュラルな雰囲気

ヘルシーで安心安全なイメージで作りたい。

ベビーのイラストも入れたいけど、アロマ感のあるグリーンのイラストも入れたい。

マタニティのイメージでもあるピンクをアクセントに入れたい。

ロゴと事業内容がわかる文言を裏とかに入れたい。

よく、“アロマサロン”と聞くとおしゃれな感じのイメージを持つ人が多いと思いますが、クライアント様の目指すアロマサロンは、マタニティの方の健やかなマタニティライフの応援でもあるので、

「おしゃれ」よりもヘルシーなイメージで安心安全ということがわかるデザインにしたいとのことでした◎

また、一目で事業がわかるベビー系のイラストを入れたいけど、アロマ系の象徴でもあるグリーン系のイラストも入れたいとのことで、

「ベビーがスワッグ系のブーケを手に持っているイラストはどうでしょう?」

と、ご提案させていただき、そうしましょう!とまとまりました。

ロゴのヒアリング

名刺に載せるイラストとは別でロゴも作らせていただきました。

ロゴはクライアント様の中でイメージがしっかりとあったようで

丸いロゴが良い。

ベビーの足をハート(♡)みたいにしたい。

とのことで制作させていただきました。

ポイント

名刺にイラストを入れるメリット

私は、名刺にはイラストを入れることをおすすめしております^^

なぜなら、文字のみの名刺よりも、
イラストなどのビジュアルがある名刺の方が、もらった方の脳みそが10倍活性化するからです。

人の脳は、1つのワードに対して100個くらいのイメージを持っていると言われています。

もちろん顕在化はしていなくて、無意識の中で100個くらいの言葉を脳に検索かけている感じですね。

それが、絵や写真などのビジュアルに対しては、1000個くらいの言葉を検索にかけています。

じつに10倍!

このことからイラストを入れることによるこんなメリットが想定できますよ。

相手の方に覚えてもらいやすくなる。

自分のイメージを伝えやすくなる。

自分のことをもっと知りたいと思ってもらいやすくなる。

お仕事のイメージを持ってもらいやすくなる。

お仕事につながりやすくなる。

メリットだらけ!なので、ぜひビジュアルを入れることをおすすめしております。

もちろん、写真でも良いんですが、
写真よりもイラストの方が自分のブランドイメージを
より伝えやすい形で表現できることと、

イラストの方がおしゃれな名刺に仕上がるかなと私は思っています^^

素材とカラーの組み合わせで、よりヘルシーに

紙はアラベール紙を採用しています。

アラベール紙は少し画用紙のようなざらっとした風合いがある紙で、
ナチュラルな雰囲気を醸し出してくれる紙です。

ステーショナリーなどに多く使われており、多岐に渡って人気のファンシーペーパーです。

(ファンシーペーパーとは、普通紙では無い、装飾性の高い特殊紙のことです。色や風合いは様々で多岐に渡ります。)

カラーは、

スノーホワイト(高い白色度のホワイト)
ホワイト(スノーホワイトより白すぎない自然なホワイト)
ナチュラル(やや黄味がかった淡い生成り色)

の3種類からお選びいただき、ナチュラルを選択されました。

やや黄味がかったクリーム色は、ナチュラルという名のそのものに、ナチュラル感のあるデザインにぴったりです。

ベビーのイラストも健康的なイメージで

ベビーのイラストを描くにあたり、オムツもリアルな感じにしたいとのご要望をいただきました。

オムツはベビーの象徴であり、こだわりのあるママさんも多いので、
パンツみたいな感じではなく、「オムツ」というのがわかるビジュアルにしたいとのことでした。

動きのある足の感じと、表情で、健康的なベビーをイメージしています。

目線を分散させないコツ

おもて面は、イラストをメインビジュアルにしてデザインしたので、
ロゴは控えめに入れました。

ロゴと別のイラスト、2つのビジュアルを両方ともおもて面に入れる場合は、
どちらをメインにするか決めて、大きさにメリハリを出すとまとまりが出ます。

情報をたっぷり入れてもうるさくならない裏面のコツ

裏面には、
「こんな方におすすめ」という角度から事業内容を説明しています。

また、体験会へ参加してもらう導線になる文言などを入れました。

裏面は情報をたっぷり入れましたが、情報整理と余白の使い方がポイントです。

文字のサイズや、カラーやアイコンの使い方でメリハリを出して、
たくさんの情報を伝える中でものっぺりしないように
見る人を飽きさせないレイアウトにすると、うるさくなりません◎

お客様の声

クライアント様にはこんなコメントをいただきました^^

本日到着しました💕
想像以上にまとまりがあって感動しました
ママ達にも気に入って頂けそうです♪ありがとうございます^^(東京都/石山様)

こちらこそ、素敵な事業の名刺を作らせていただいて光栄でした^^
ありがとうございます!

まとめ

名刺は、小さい紙面に情報をたくさん入れないといけないので、
意外とバランスが難しかったりします。

紙面が小さい中でもたっぷりの余白を取ることで、まとまりと清潔感のある名刺に。

名刺を渡した相手にどのような印象を持ってもらいたいか、どのような行動に移って欲しいか、ということにフォーカスして作ると、
販促アイテムとして優秀な名刺を作ることができますよ^^

 

 

イラストレーター / デザイナー
にしむら ゆり
2018年にウェディングペーパーアイテムのブランド「A Sunny Day」を立ち上げて未経験からいきなりフリーランスに。 A Sunny Day を軌道にのせたノウハウでブランディングのおてつだいをします。 カワイイデザインがすきな方におすすめ。 未来を設定し目標達成する脳科学講座のJr.認定講師。
\ Follow me /